伊那市との広域連携

上原巌 地域環境科学部森林総合科学科 教授

専門分野:森林科学関連

画像をクリックすることで拡大画像を表示します。

キーワード
  • 伊那谷
  • 薬用植物
  • 松葉茶
  • 天然更新
研究の背景と目的
長野県伊那市は、同県南部の伊那谷地域に位置し、農林業が盛んな地域である。 伊那谷地域には先取の精神があり、農林業にも伝統的な要素に加え、先端技術も積極的に取り入れている。 そこで、東京農業大学と広域連携を結ぶことにより、さらに新たな技術の開発と新規事業を開拓することを目指し、実践的な連携事業に取り組んでいる。
展開可能性(他領域・社会にどのようなインパクトを与えるか)
身近な伊那谷の自然環境の中から、新たな農産物を開発すると同時に、地域の方々の生活も活性化することをも目的としている。 2016年の締結以来、薬用植物の利用、松葉茶、松葉サイダーの開発に取り組み、いずれも商品化を実現させてきた。また、天然更新も活用した森林再生や、保健休養プログラムの開発などもおこなってきている。 今後も地域資源の有効活用に寄与していく。
シーズの特徴
特徴1
身近な自然環境と地域資源を活用する
特徴2
等身大で実現可能な新規事業
特徴3
コロンブスの卵的な発想
PR・マッチングに関する要望
身近な自然環境の調査およびその保全と活用方法について

マッチング希望内容

地方公共団体

連携先

官公庁・自治体
長野県伊那市
官公庁・自治体
国土交通省
同じ専門分野のよく閲覧されているシーズ

兵庫県との広域連携事業

  • 上原巌教授

    地域環境科学部

リン酸資源の効率的利用による循環型農業の実現に向けた アーバスキュラー菌根菌ブレンド資材の開発

  • 小泉 敬彦助教

    生命科学部

  • 齋藤 宏昌教授

    生命科学部

  • 田中 尚人教授

    生命科学部

  • 山本 紘輔准教授

    生命科学部

  • 田中 恵准教授

    地域環境科学部

  • 市橋 泰範

    理化学研究所バイオリソース研究センター